スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスやプライベートで使える4月の手紙の書き出し文、4月の手紙の前文(書き出し文句)の書き方と例文、文例集です。

 

 

 

手紙の書き出し文は、下画像の「前文」の部分です。

 

手紙の書き出し 画像

 

この「前文」に続けて、日ごろのお礼文などを添えたりする場合もあります。
(下記 「4月の手紙の書き出し例文」 参照)

 

また、はがきの場合、文面に余裕がなければ「後付け」にあたる日付や名前は省略します。

 

参考ページ:手紙の書き方の流れと例文

4月の手紙の書き出し例文

例文・文例ー1(ビジネス)

拝啓 陽春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格段のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
 さて、・・・・・。(主文・本文・用件)
 つきましては、・・・・・。(主文・本文・用件)
 末筆ながら、皆様のますますのご健勝とご多幸をお祈り申しあげます。

敬具 

 

 

例文・文例ー2

拝啓 春風の心地よい季節になりましたが、お健やかにお過ごしのことと存じます。
 (日ごろのお礼など)・・・・・。
 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 (主文・本文・用件)・・・・・。
 新年度の行事の多い季節です。ご自愛専一にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

敬具 

 

 

※ 段落ごとに一文字下げる書き方をする場合でも、頭語(拝啓など)は行頭から書きます。

 

参考ページ : 手紙の起首(頭語)と結語のルール

 

4月の手紙の書き出し(時候の挨拶用語)

  • 麗春(れいしゅん)の候
  • 惜春の(せきしゅん)候
  • 春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の候
  • 春嵐(しゅんらん)の候
  • 桜花爛漫(おうからんまん)の候
  • 春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の候
  • 春日華麗の候
  • 春日遅日(しゅんじつちじつ・はるびちじつ)の候
  • 春暖の候
  • 陽春の候
  • 春和の候
  • 桜花の候

 

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「陽春の候」と「陽春のみぎり」は全く同じ意味です。

 

ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。

 

「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。

 

また、「候」の読み方ですが、基本的には「こう」と読みます。
麗春の候は「れいしゅんのこう」と読みます。
時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。

 

「ビジネス」4月の手紙の書き出し

  • 春の日差しが心地よい毎日でございますが、(貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます)。
  • 春のけはいがようやくととのったようですが、(貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます)。
  • 春たけなわの季節となりましたが、(皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます)。
  • 道端にタンポポやつつじの花がいっせいに咲き始めましたが、(〇〇地方ではいかがでしょうか)。
  • 春光うららかな季節を迎え、(皆様お変わりなくお過ごしでしょうか)。

「プライベート」4月の手紙の書き出し

  • 春風の心地よい季節になりましたが、(お変わりなくお過ごしでしょうか)。
  • 春爛漫の好季節を迎え、毎日お元気でご活躍のことと存じます。
  • 春光うららかな季節を迎え、(お元気でお過ごしのことと存じます)。
  • ゴールデンウィークが目前となり、何かと心楽しい日々ですが、(いかがお過ごしでしょうか)。
  • いつのまにか葉桜の季節となってしまいました。(貴地方ではいかがでしょうか)。
  • 春の日差しが心地よい毎日でございますが、(○○地方ではいかがでしょうか)。
  • 春眠暁を覚えずと申しますが、(お健やかにお過ごしのことと存じます)。
  • 春のけはいがようやくととのったようですが、(お元気でいらっしゃいますか)。
  • 春たけなわの季節となりましたが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。
  • 春風に誘われて、外出の機会も多くなりました。(お元気でしょうか)。
  • 道端にタンポポやつつじの花がいっせいに咲き始めましたが、…。
  • 若草の萌え立つ季節…。
  • お花見にはもういらっしゃいましたでしょうか。
  • お花見のニュースに心浮き立つこのごろ…。
  • 花便りが各地から届くこのごろ…。
  • 桜花も散り葉桜の候となりました。…。
  • 花吹雪から葉桜となり、晩春の愁い感じる季節になりましたが、…。
  • 近所の公園はすでに花見客でいっぱいで…。
  • いつの間にか桜も盛りを過ぎて…。
  • 花吹雪が舞うこのごろ…。
  • 一度も花見に行かぬまま春が過ぎようとしています。
  • 菜種梅雨(なたねづゆ)というのか、このところ雨つづきで…。
  • 今日はあたたかな春雨が煙っています。
  • こぬか雨に過ぎゆく春を惜しむこのごろ…。
  • いよいよプロ野球も開幕ですね。
  • 真新しいランドセルの1年生がまぶしく見える今日このごろ…。
  • 小鳥の音色もひときわ美しくなる今日此の頃…。
スポンサーリンク