スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスやプライベートで使える11月の手紙の書き出し文、11月の手紙の前文(書き出し文句)の書き方と例文、文例集です。

 

 

 

手紙の書き出し文は、下画像の「前文」の部分です。

 

手紙の書き出し 画像

 

この「前文」に続けて、日ごろのお礼文などを添えたりする場合もあります。
(下記 「11月の手紙の書き出し例文」 参照)

 

また、はがきの場合、文面に余裕がなければ「後付け」にあたる日付や名前は省略します。

 

参考ページ:手紙の書き方の流れと例文

手紙の書き出し例文・文例 11月

例文・文例ー1(ビジネス)

拝啓 暮秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格段のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
 さて、・・・・・。(主文・本文・用件)
 つきましては、・・・・・。(主文・本文・用件)
 この段お知らせかたがたお願いまで。

敬具 

 

例文・文例ー2

拝啓 街路樹の落葉が歩道や車道に舞い散る季節になりましたが、お健やかにお過ごしのことと存じます。
 (日ごろのお礼など)・・・・・。
 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 (主文・本文・用件)・・・・・。
  向寒のみぎり、お風邪などめされませぬようお祈り申しあげます。

敬具 

 

※ 段落ごとに一文字下げる書き方をする場合でも、頭語(拝啓など)は行頭から書きます。

 

参考ページ:手紙の起首(頭語)と結語のルール

 

11月の手紙の書き出し(時候の挨拶用語)

  • 暮秋の候
  • 深秋の候
  • 惜秋(せきしゅう)の候
  • 霜秋(そうしゅう)の候
  • 向寒(こうかん)の候
  • 初雁(はつかり)の候
  • 初霜の候
  • 寒気の候
  • 深冷の候
  • 菊花の候

 

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「暮秋の候」と「暮秋のみぎり」は全く同じ意味です。

 

ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。

 

「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。

 

また、「候」の読み方ですが、基本的には「こう」と読みます。
深秋の候は「しんしゅうのこう」と読みます。
時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。

 

 

参考ページ
時候の挨拶用語と季語 11月

「ビジネス」11月の手紙の書き出し

  • 木の葉が舞い散り、行く秋が惜しまれる今日このごろですが、(貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます)。
  • 落ち葉が風に舞う季節となりましたが、(貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます)。
  • 立冬を過ぎて朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、(皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます)。
  • 冬が近づき、風のある日は寒気が身にしむようになりましたが、(皆様お変わりなくお過ごしでしょうか)。
  • 立冬を過ぎて朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、(〇〇地方ではいかがでしょうか)。

「プライベート」11月の手紙の書き出し

  • 朝夕は寒気がひとしお身にしみるようになりましたが、【お元気でいらっしゃいますか。】
  • 小春日和の穏やかな日が続いていますが、【お変わりなくお過ごしでしょうか。】
  • 街路樹の落葉が歩道や車道に舞い散る季節になりましたが、【お変わりなくご活躍のことと存じます。】
  • 冬が近づき、風のある日は寒気が身にしむようになりましたが、【…】
  • 夜の寒さが一段とこたえる時節になりましたが、【…】
  • 立冬を過ぎて朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、…
  • いつのまにか、めっきり日が短くなってきましたが、…
  • 虫の鳴き声もいつしか消え、晩秋の冷気を感じる季節になりましたが、…
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりましたが、…
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりましたが、…
  • 日増しに寒さもつのり、…
  • 日だまりが恋しい季節となり、…
  • 日差しも弱まり、木枯らしのひと吹きで冬が訪れそうなこのごろですが、…
  • 早くも年賀状が発売され、慌しい気持ちになっていますが、…
  • あでやかな錦繍(きんしゅう)の日々も過ぎ、…
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、…
  • 残菊の寂しげな姿に、行く秋が惜しまれる今日このごろですが、…
  • うららかな菊日和がうれしい昨今ですが、…
  • 近所の神社は七五三の家族づれで大にぎわいでしたが、…
  • 珍しくおだやかな小春日和がつづいておりますが、…
  • 初雪の便りも聞こえる今日このごろですが、…
  • そろそろこたつが恋しい季節となりましたが、…
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、…
  • 落ち葉が風に舞う季節となりましたが、…
  • 落葉した樹々(きぎ)の凛とした姿に、暮れ行く秋をかんじるちころとなりましたが、…
  • おびただしい落ち葉に、過ぎゆく晩秋を惜しむ今日このごろですが、…
  • 熱燗で一杯、に人生の幸せをしみじみ感じます。
  • コートの襟を立てて歩く人の姿を見かける日が多くなりましたが、…
  • 手袋の恋しい季節になりましたが、…
  • 暦の上では、“小雪”となり、本格的な寒さの季節に向かっていますが、…
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろですが、…
  • 木の葉が舞い散り、行く秋が惜しまれる今日このごろですが、…
  • 木枯らしが吹き始め、冬の前触れを実感する季節になりましたが、…
  • 北国から雪の便りが聞かれるようになりましたが、…
  • 七五三の祝い着姿の子たちが、神社に詣でる姿を目にする季節になりました。
  • 吐く息の白さに気づき、立冬が過ぎているのを実感しましたが、…

小春日和(こはるびより)とは?

 

小春日和とは、晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われたときなどの、穏やかで暖かい天候のことである。

 

小春(こはる)とは陰暦10月のこと。
現在の太陽暦では11月頃に相当し、この頃の陽気が春に似ているため、こう呼ばれるようになった。

 

よって、
俳句においては「小春日和」・「小春」は冬の季語となる。

 

(陰暦の冬は10月〜12月)

 

なお、英語では Indian Summer という。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

スポンサーリンク