このページの先頭へ

お礼状の書き方と例文・文例

お礼状の書き方と例文・文例

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

お礼状の書き方と例文・文例記事一覧

お中元のお礼状の書き方と例文

お中元をいただいたら、「お中元の品を受けとったこと」や、「感謝の気持ち」を早めに相手に伝えましょう。親しい友人や親・兄弟・親戚などからのお中元なら「お中元の品を確かに受け取りました。いつもありがとう。」などと、電話やメールだけで済ませることもあります。しかし、本来はお中元の品が送られて来たら、お礼状...

≫続きを読む

 

お歳暮のお礼状の書き方と例文

年の瀬のご挨拶といえば、お歳暮。親しい友人や親・兄弟・親戚などからのお歳暮なら「お歳暮の品を確かに受け取りました。いつもありがとう。」などと、電話やメールだけで済ませることもあります。しかし、本来はお歳暮の品が送られて来たら、お礼状(お礼の手紙)を出すのが正式なマナーです。目上の方や会社関係(取引先...

≫続きを読む

 

内定のお礼状の書き方と例文・文例

就職採用内定のお礼状とは、採用通知書または内定通知書をいただいた内定者(学生・社会人)が、その会社やお店などに出すお礼状です。『内定のお礼状の書き方と例文』では、就職採用の内定通知を頂いた場合の会社・企業へのお礼状の書き方(縦書き)と、就職活動でお世話になった人へ送る内定のお礼状の書き方、さらに内定...

≫続きを読む

 

結婚祝いのお礼状の書き方と例文

結婚祝いのお礼状は、結婚式や結婚披露宴に出席された方、出席できなかった方、ご招待ができなかった方、結婚式をしていない場合なども含めて、結婚のお祝いを頂いたすべての方に書きましょう。お礼状は一般的に挙式後、または新婚旅行から帰ってすぐに出します。結婚式をしていない場合や、結婚披露宴に出席できなかった、...

≫続きを読む

 

出産祝いのお礼状の書き方と例文

出産祝いを頂いたら、まずは電話でお礼を伝えましょう。その後できるだけ早く、ハガキまたは封書でお礼状を出すことで感謝の気持ちがより伝わります。また、後日『出産内祝い』として内祝いの品と一緒にお礼状やメッセージカードを添える場合には、内祝いの品を決める前に、お礼状の文面を先に考えておいた方が良いでしょう...

≫続きを読む

 

入院中に送るお見舞いのお礼状の書き方と例文

病院までお見舞いに来ていただいたり、お見舞いをいただいたりした場合のお礼状は、体調が落ち着いてから送りましょう。入院中に無理をして急いでお礼状を書く必要はありません。また、長期入院になってしまう場合などは、本人に代わって家族に代筆してもらうのも良いでしょう。このページ『入院中に送るお見舞いのお礼状の...

≫続きを読む

 

快気祝い・全快祝いのお礼状の書き方と例文

けがや病気で入院中にお見舞に来てくださった方や、お世話になった方々に対して、退院後には心を込めて感謝の気持ちを伝えたいですね。ぜひ“お礼状”を全快祝いや快気祝いの品に添えて、現在は完治している(順調に回復している)ことをご報告し、お見舞いへのお礼や感謝の気持ちを丁寧に伝えましょう。このページ『快気祝...

≫続きを読む

 

会葬のお礼状の書き方と例文

会葬礼状(葬儀・葬式に参列していただいた方々へのお礼状)や、お通夜のお礼状の書き方と例文。お通夜や葬儀・葬式に来て頂いた人へのお礼のはがき、手紙(封書)、カードの書き方と例文をご紹介しています。

≫続きを読む

 

一周忌法要のお礼状の書き方と例文

法要・法事・法会・法用のお礼状の書き方のポイント法要・法事・法会・法用のお礼状は、最近では印刷するのが一般的です。(かつては「薄墨の毛筆」で書いていました。)親しい人へ自筆で出す場合は、参列へのお礼と、現在の心境や今後への決意などを、オリジナルの文章でまとめます。法要・法事等のお礼状の場合、お礼状と...

≫続きを読む

 

電報(祝電・弔電)のお礼状

電報のお礼状、祝電のお礼状、弔電のお礼状の書き方と例文・文例。祝電といえば、結婚式や合格・入学・卒業の「おめでとう」、ビジネスでは就任・昇進・栄転・叙勲などの場面で頂くお祝いの電報。このページ『電報(祝電・弔電)のお礼状』では、祝電で最も多いであろう「結婚式(披露宴)に頂いた祝電」のお礼状の書き方の...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク




ホーム RSS購読 サイトマップ