スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

ラブレター(Loveletter)の書き方と例文・文例・レイアウト・見本。
「愛を告白するラブレター」、すでに付き合っている、または夫婦の場合の「愛の継続ラブレター」など、動画を交えてご紹介しています。

 

ラブレターを書いて渡す女子学生

ラブレターとは

 

愛・心臓

 

ラブレターとは、あなたが、“あなた自身の言葉で、相手を思う気持ちを素直に書いた”手紙のこと。

 

自分の好意を相手に伝え、交際に結びつけるための手段のひとつ。

 

ラブレターは、「あなた自身の言葉で、相手を思う気持ちを素直に書いた」というのが重要で、また、そうでなければなりません。

 

仮に、誰かのラブレターのコピー文面を相手に渡して、うまくいったとします。
しかし後になってそれがバレた時の事を想像してみて下さい。
「うそ〜」、「本当に〜」、「ショック〜」、「情けな〜い」、「幻滅〜」ということになりかねません。

 

だいいち、コピー文面であって、あなた自身の本当の気持ちを伝えてはいませんよね。
これでは相手に対して非常に失礼であり、ラブレターとは言えません。

では、具体的にどうやってラブレターを書くの?

 

心臓・愛2

 

安心して下さい。

 

あなたは、昔の人たちが書いていた恋文(こいぶみ)のような長い文章を考えていませんか?

 

 

そうです、
だから書けないのです!

 

 

つまり、
相手への思いをそのまま、“短文” で伝えてみたらどうでしょう。

 

 

また、ラブレターの渡し方としては、「郵便で送る」「直接手渡し」「友達に渡してもらう」「こっそり相手のカバンなどに入れる」等の方法もありますが、『バレンタインデー』『ホワイトデー』『クリスマス』『相手の誕生日』などの“行事にまぎれて渡す”こともできます。

 

少しは気が楽になりましたか?

「愛を告白する」ラブレター

 

ラブレター

 

「ラブレターの例文・文例ページ」へのリンク

「愛の継続」ラブレター

 

ラブレター

 

すでにつきあっている、または夫婦の場合
「ラブレターの例文・文例ページ」へのリンク

ラブレターの書き方【動画】

 

(YouTube 動画)

 

【必見!!】これが最高のラブレターの作り方だ!

スポンサーリンク