スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

本来は、お中元の品が送られて来たら、お中元のお礼状(お礼の手紙)を出すのが正式なマナーです。

 

しかし、身内、親戚、親しい友人や知人からのお中元のお礼なら「お中元の品を確かに受け取りました。いつもありがとう」などと、電話やメールだけで済ませることもあります。

 

また、ビジネス関係の人でも特に親しく、日ごろからメールでのやりとりをしている相手などであれば、お中元の品が届いたことを略儀ながらメールですぐに報告してお礼を伝えることもあるでしょう。

 

ここでは、そういった方へのメールでのお中元のお礼の書き方、例文・文例をご紹介しています。

 

 

お中元のお礼のメール【親しい友人や親・兄弟・親戚へ】|例文・文例−1

 

件名:本日お中元の品が届きました

 

鈴木隆司 様

 

毎日暑さが厳しい日が続いておりますが、
お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

今朝がた鈴木さんからのお中元の品が届きました。
珍しいフルーツゼリーの詰め合わせに、
家族ともども「とっても美味しい」と、
大変喜んでいます。
本当にありがとうございました。

 

暑さはまだまだ続くようです。
体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

まずは、取り急ぎメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
佐藤雄三
090-1234-5678
E-meil
******************************

お中元のお礼のメール【親しい友人や親・兄弟・親戚へ】|例文・文例−2

 

件名:お中元の品が届きました

 

小澤太郎 様

 

連日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私たちは元気で過ごしております。

 

本日 小澤さんからのお中元の品が届きました。
いつもお心遣い本当にありがとうございます。
「このそうめんとっても美味しいのよね」って、
家族みんなで大変喜んでいます。
明日のお昼はそうめんに決定だそうです。

 

暑さ厳しき折、皆さんご健康で過ごされますように。

 

まずは、取り急ぎメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
佐藤雄三
090-1234-5678
E-meil
******************************

お中元のお礼のメール【ビジネス・仕事関係先へ】|例文・文例−3

 

件名:お中元のお品ありがとうございました

 

○○○株式会社 ○○部
田中雄司 様

 

いつもお世話になっております。
○○○○の大嶋です。

 

このたびは、結構なお品をお送りいただき、
誠にありがとうございました。
日ごろ私どもの方こそお世話になっておりますのに、
過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ、
厚くお礼申しあげます。

 

これからも田中様の信頼にお応えできるよう、
誠意をもって取り組んで参ります。
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

暑さ厳しき折、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

 

まずは、略儀ながらメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
株式会社 ○○○○ ○○部
佐藤 雄三(サトウ ユウゾウ)
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
TEL:0000-11-2222
FAX:0000-11-3333
******************************

「お中元のお礼をメールで送る|書き方と例文・文例」の参考ページ

お中元の「お返し」について

 

「お中元の品を頂いたら、お返しをしなければ失礼?」と悩んだことはありませんか?

 

 

お中元は、本来 お返しを必要としません。

 

 

お中元の品は、一般的に “お世話になった方々へ贈る” ものです。

 

「いつもお世話になり、ありがとうございます」という思いで贈るものですから、贈られた側はとくにお返しの必要はありません。

 

 

しかし、いろんな意味合いで、どうしてもお返しをしたい相手の場合、頂いた品と同等額程度から半額くらいの品を「御中元」として贈るのであれば問題ありません。

 

また、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7〜8日頃)までならば、表書きを「暑中御見舞」、その時期を過ぎたら「残暑御見舞」(8月8日〜23日頃)として贈るのも良いでしょう。

 

この場合、贈る相手が目上の人であれば、「暑中御伺い」「残暑御伺い」としたほうがより良いでしょう。
目上の人に贈る場合には「御見舞」という言葉が失礼にとられる場合もあるからです。

スポンサーリンク