スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスやプライベートで使える8月の手紙の書き出し文、8月の手紙の前文(書き出し文句)の書き方と例文、文例集です。

 

 

 

手紙の書き出し文は、下画像の「前文」の部分です。

 

手紙の書き出し 画像

 

この「前文」に続けて、日ごろのお礼文などを添えたりする場合もあります。
(下記 「8月の手紙の書き出し例文」 参照)

 

また、はがきの場合、文面に余裕がなければ「後付け」にあたる日付や名前は省略します。

 

参考ページ:手紙の書き方の流れと例文

8月の手紙の書き出し例文・文例

例文・文例ー1(ビジネス)

拝啓 晩夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格段のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
 さて、・・・・・。(主文・本文・用件)
 つきましては、・・・・・。(主文・本文・用件)
 時節柄、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申しあげます。

敬具 

 

例文・文例ー2

拝啓 夕立を心待ちにしたくなるような猛暑の毎日ですが、お健やかにお過ごしのことと存じます。
 (日ごろのお礼など)・・・・・。
 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 (主文・本文・用件)・・・・・。
  暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

敬具 

 

※ 段落ごとに一文字下げる書き方をする場合でも、頭語(拝啓など)は行頭から書きます。

 

参考ページ : 手紙の起首(頭語)と結語のルール

 

8月の手紙の書き出し(時候の挨拶用語)

  • 季夏の候
  • 晩夏の候
  • 暮夏の候
  • 残暑の候
  • 避暑の候
  • 残夏の候
  • 秋暑の候
  • 早涼の候
  • 初秋の候
  • 立秋の候

 

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「季夏の候」と「季夏のみぎり」は全く同じ意味です。

 

ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。

 

「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。

 

また、「候」の読み方ですが、基本的には「こう」と読みます。
立秋の候は「りっしゅうのこう」と読みます。
時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。

 

 

参考ページ: 時候の挨拶用語と季語 8月

「ビジネス」8月の手紙の書き出し

  • 残暑厳しきおり、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 真夏日の暑い日が続いていますが、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • 朝夕はいくらかしのぎやすくなってきましたが、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 朝夕の風に秋の気配を感じるようになりましたが、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 朝夕は、虫の音が聞こえるようになりましたが、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

 

頭語(拝啓なと)と結語(敬具など)、さらに時候の挨拶用語(〇〇の候など)を付けない8月の手紙の書き出し
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お伺い申し上げます
  • 残暑お見舞い申し上げます
  • 残暑お伺い申し上げます

「プライベート」8月の手紙の書き出し

  • 残暑厳しきおり、(お元気でお過ごしでしょうか)。
  • 真夏日の暑い日が続いていますが、(お元気でいらっしゃいますか)。
  • 日中はなお厳しい暑さでしのぎがたい毎日ですが、(お変わりなくお過ごしでしょうか)。
  • 朝夕はいくらかしのぎやすくなってきましたが、(お健やかにお過ごしのことと存じます)。
  • 立秋とは名ばかりの暑い日がつづいておりますが、(お元気でいらっしゃいますか)。
  • 暑さも峠を越えたようで、朝夕の風に秋の気配を感じるようになりましたが、(お元気でお過ごしのことと存じます)。
  • 海には土用波が立ち始め、夏も終わりを迎えようとしていますが、(ご壮健にてお過ごしのことと存じます)。
  • 暦の上では秋を迎えましたが、当分は猛暑の日が続きそうです。(貴地方ではいかがでしょうか)。
  • 朝夕は、虫の音が聞こえるようになりましたが、(お健やかにお過ごしでしょうか)。
  • 行く夏を惜しむかのように、ひぐらしが鳴き始めましたが、(お元気でお過ごしのことと存じます)。
  • 夕立を心待ちにしたくなるような猛暑の毎日ですが、(○○地方ではいかがでしょうか)。
  • 今年は、例年にも増して残暑がきびしいようですが、(いかがお過ごしでしょうか)。
  • 夕方になると、美しい夕焼けが見られるようになりましたが、(毎日お元気でご活躍のことと存じます)。
  • 残暑とはいえ、毎日うだるような暑さが押し寄せてきますが、(お変わりありませんか)。
  • 大輪のひまわりも首を垂れるほどの炎暑の日々ですが、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。
  • 夏の終わりを告げるように、つくつくぼうしが鳴き始めました。(生気あふれる日々をお過ごしのことと存じます)。
  • どしゃ降りの夕立にほっとひと息つく連日の暑さですが、・・・。
  • 残暑がひとしお身にこたえる毎日ですが…。
  • 連日の熱帯夜で少々バテております。
  • 寝苦しい夜がつづいておりますが…。
  • ついにわが家もクーラーを買いました。
  • 昨夜は家族で花火大会に出かけました。
  • 虫の音に、秋の気配を感じるようになりましたが、…。
  • 海に土用波が立ち始めましたが、…。
  • 夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?。
  • 夏も終わりを告げようとしていますが、…。

 

頭語(拝啓なと)と結語(敬具など)、さらに時候の挨拶用語(〇〇の候など)を付けない8月の手紙の書き出し
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑中お伺い申し上げます
  • 残暑お見舞い申し上げます
  • 残暑お伺い申し上げます
スポンサーリンク