スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスやプライベートで使える3月の時候の挨拶用語と3月の季語。
3月に出す手紙、お礼状、案内状などに使用する季語、季節の挨拶用語。
また、3月の恒例行事、3月の祝祭日、3月の異名などもご紹介しています。

 

3月に出す手紙の時候の挨拶用語と季語

3月の時候の挨拶用語

  • 早春の候
  • 春分の候
  • 春暖の候
  • 春寒の候
  • 浅春(せんしゅん)の候
  • 軽暖(けいだん)の候
  • 浅暖(せんだん)の候
  • 迎梅(げいばい)の候
  • 萌芽(ほうが)の候
  • 春暖快適の好季節
  • 春寒ようやくゆるむ候
  • 春光天地に満ちわたる候
  • 枯れ草の間に緑も鮮やかに萌え出る候

 

時候の挨拶用語の「〇〇の候」と同じような使い方で 『〇〇のみぎり』 という言葉を使う場合もありますが、意味は全く同じです。

 

ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。

 

「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。

 

 

また、「候」の読み方ですが、基本的には「こう」と読みます。

 

時候の挨拶用語の「〇〇の候」は「〇〇のそうろう」ではなく「〇〇のこう」と読みます。

 

3月の季語

如月、桃の節句、雛祭、白酒、菱餅、春の雪、春雷、啓蟄、東風、春めく、伊勢参、水温む、蜆(しじみ)、烏貝(からすがい)、春の川、若鮎、上り簗(のぼりやな)、春日祭、彼岸、彼岸詣、彼岸桜、春雨、草の芽、牡丹の芽、芍薬(しゃくやく)の芽、桔梗(ききょう)の芽、菖蒲(あやめ)の芽、苗床、木の芽、桑の芽、薔薇の芽、山椒の芽、田楽、菜飯、鰆(さわら)、鯡(にしん)、鱒(ます)、独活(うど)、胡葱(あさつき)、韮蒜(にんにく)、蒲公英(たんぽぽ)、卒業、などなど。

 

季語とは?(季語について)

陰暦3月の異称(異名)

  • 弥生
  • 桜月
  • 桃見月
  • 春惜月

3月の暦と恒例行事

  • 桃の節句(3月3日)
  • 桃の節句とは、ひな祭り、ひな遊び、ひな事、ひなの節句とも呼ばれ、五節句の一つに数えられている、女の子の祭り。室町時代に中国より伝わり、今日まで行われている。

  • 啓蟄(けいちつ・3月6日頃・冬眠中の虫が這い出してくる)
  • 国際婦人デー(3月8日)
  • ホワイトデー(3月14日)
  • 春の彼岸の入り(3月18日頃)
  • 動物愛護デー(3月20日)
  • 春分の日(3月21日頃・昼夜同時間の日。春の彼岸の中日)
  • 放送記念日(3月22日)
  • 選抜高校野球大会(下旬・春を告げる風物詩の一つ)

3月の祝祭日

  • 春分の日(3月21日頃)
3月の時候の挨拶用語と季語の参考ページ

スポンサーリンク