スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

仏式(仏教式)の掛け紙の書き方

 

掛け紙(かけがみ)とは、贈答品などの上面または前面に掛けられる紙のこと。
一般的に、熨斗(のし)が印刷されている掛け紙のことを「熨斗紙」といい、慶事の贈答用・進物用に利用されています。

 

一方、弔事に用いる掛け紙に熨斗は付けないので熨斗紙とは呼ばず、弔事の「掛け紙」といいます。

 

 

葬儀・葬儀後の掛け紙の書き方(仏式)見本

 

「お供え」の掛け紙の表書き

 

【弔事掛け紙の表書き】

  • 御供/御香典/御霊前 など

    (「御霊前」は49日前まで)

お供えの掛け紙の表書き(御霊前)

弔事の掛け紙の表書き下段の名前(名入れ)は、悲しみの涙で薄れている、または悲しみの気持ちは早く薄らいで欲しいという意味で 薄墨で「性(名字)」または「フルネーム」を書き入れます。

【弔事の掛け紙の水引】

 

水引は、「結び切り」の2本・4本・6本の偶数を使用します。
色は、白黒・黄白・青白・銀が多く使用されます。

 

「お返し(香典返し)」の掛け紙の表書き

【弔事の掛け紙の表書き 書き方見本】

  • 志/供養/粗供養 など

    」はどの宗教でも使えるお返しの表書きです。
    なので、お返しの表書きは「」が基本になっています。

香典返しの掛紙の表書き(志)

表書き下段の名前(名入れ)は、喪主の「性(名字)」を書くのが一般的ですが、フルネームも多くなっています。

法事・法要・年忌の掛け紙の表書き 書き方見本

 

「お供え」の掛け紙の表書き

  • 御供/御仏前/御佛前 など

    (「御仏前・御佛前」は49日過ぎたら)

お供えの掛紙の表書き(御佛前)

 

「お返し」の掛け紙の表書き

  • 志/粗供養/〇周忌/〇回忌 など

お返しの掛紙の表書き(志)

初盆(新盆)の掛け紙の表書き 書き方見本

 

「お供え」の掛け紙の表書き

  • 御供/御仏前/御佛前 など

お供えの掛紙の表書き(御供)

 

「お返し」の掛け紙の表書き

 

  • 志/初盆供養/新盆供養 など
  • お返しの掛紙の表書き(志)

    弔事の掛け紙を掛ける時に裏で重なる場合は、表側から見て「右を内側」に、「左が外側」になります。
    慶事の時はその逆です。

    『御霊前』の書き方【動画】

     

    御霊前の書き方
    (YouTube動画)

    スポンサーリンク