スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

お中元をいただいたら、「お中元の品を受けとったこと」や、「感謝の気持ち」を早めに相手に伝えましょう。

 

親しい友人や親・兄弟・親戚などからのお中元なら「お中元の品を確かに受け取りました。いつもありがとう。」などと、電話やメールだけで済ませることもあります。

 

しかし、本来はお中元の品が送られて来たら、お礼状(お礼の手紙)を出すのが正式なマナーです。

 

目上の方や会社関係(取引先など)からお中元を頂いた場合には、「手紙(封書)のお礼状」を書いて出すのが最も丁寧な方法であり、より感謝とお礼の気持ちが伝わります。

 

このぺーじでは、お中元の品をいただいた方(会社・ビジネス、個人・一般)へ、お礼状を書いて送る場合のポイントと、書き方の流れ、縦書きの手紙(封書)の見本、はがき でのお礼状の例文・文例、親戚や親しい友人に宛てたメールでのお例文の例文・文例などをご紹介しています。

お中元のお礼状の書き方

 

お中元のお礼状の書き方のポイント

お中元のお礼の手紙(返礼)の書き方のポイント

  • お中元を頂いた場合には、なるべく早くお礼状を出しましょう。
  • お礼状の基本は「手書きで縦書きの手紙(封書)」ですが、はがきでも、横書きでも問題はないでしょう。最も大切なのは、すぐにお礼の気持ちを伝えることです。
  • お中元を贈って頂いたことに対してだけでなく、その心づかいに対して感謝の気持ちを伝えましょう。
  • 自分だけでなく「家族ともども大変喜んでおります。」などと、家族も喜んでいる様子を伝えるのも良いでしょう。

  • 妻が夫に代わって公的なお礼状を書く場合は、下の例文の中にもあるように夫の名前の後ろ、または下(縦書きの場合は左下)に小さめの字で「内」と記します。

    (例 : このページ最下部の「お中元のお礼状(一般・個人・自営業) 例文・文例ー6」 参照)

  • 今後のお中元を辞退したい場合の「お中元のお断り状」はこちら ⇒ お中元辞退の手紙の書き方と例文

 

 

お中元のお礼状の書き方の流れ

一般的なお中元のお礼状の書き方の流れ ポイント 1〜5

 

1、起首(頭語)

拝啓/謹啓/謹啓/恭敬/粛啓 など

 

※ 参考ページ
手紙の起首(頭語)と結語のルール

↓↓

2、時候の挨拶文(季節を表わす言葉)

・盛夏の候、(ますますご清栄のこととお喜び申しあげます)。
・炎暑の候、(貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます)。
・梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますが、(いかがお過ごしでしょうか)。
・暑さ厳しき折、(皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか)。

 

・夏空がまぶしく感じられるころとなりました。(お元気でいらっしゃいますか)。

 

※ 参考ページ
7月の書き出し例文

 

8月の書き出し例文

 

季節を問わない手紙の書き出しの言葉・前文の挨拶

・これに続いて相手の安否をたずねたり、こちらの近況を記したりすることもあります。

↓↓

3、頂いたお中元についてのお礼の言葉

・このたびはご丁重なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。
・このたびは結構な品をご恵贈賜り有難うございました。
・このたびは結構なお品をお送り頂きましてありがとうございます。
・このたびは、まことに結構なお中元の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。
・このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。

↓↓

4、先方の健康を気づかう言葉

・これから暑さが本格化しますので、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。
・暑さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛くださいませ。
・暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
・まだしばらくは厳しい暑さが続きますが皆様どうぞご自愛下さい。
・暑さはこれからが本番です。皆様どうぞご自愛下さい。

 

※ 参考ページ
7月の結びの言葉(挨拶)

 

8月の結びの言葉(挨拶)

 

季節を問わない結びの言葉(挨拶)

↓↓

5、結語

敬具/拝具/謹言/敬白 など

 

※ 参考ページ
手紙の起首(頭語)と結語のルール

 

最後に、下記の例文を参考にして「日付」と「差出人名」を記します。
はがきの場合、文面に余裕がなければ手紙の「後付け」にあたる日付や名前は省略します。

お中元のお礼状の例文・文例(ビジネス・会社・取引先)

 

縦書きのお礼状(封書・便箋) レイアウト 見本

 

お中元のお礼状の書き方と例文(ビジネス・会社)

 

 

 

お礼状の例文・文例ー1

 

拝啓 盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
 平素は格別のご厚誼を賜り、深謝申し上げます。
 さて、このたびはご丁重なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。
 日ごろ私どもの方こそお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ、厚くお礼申しあげます。
 これから暑さが本格化しますので、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。
 まずはとりあえず書中をもってお礼申しあげます。

敬具  

平成〇〇年〇月〇日

株式会社〇〇〇〇        

代表取締役 伊 藤 明

 

 

お礼状の例文・文例ー2

 

拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
 さてこのたびは結構な品をご恵贈賜り有難うございました。ご芳志誠に有難く、謹んで拝受し、茲に改めて御礼申し上げます。
 貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げますとともに、今後とも変わらぬご厚誼のほど宜しくお願い申し上げます。
 略儀ながら書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

 

株式会社 エナジースポーツ

代表取締役 田中 文男

 

 

お礼状の例文・文例ー3

 

拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さてこのたびは結構なお品をお送り頂きましてありがとうございます。有難く拝受しました。御厚志に改めて御礼申し上げます。
 暑さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛くださいませ。
 略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。
   平成〇〇年8月

敬具

 

株式会社 鈴木建設

代表取締役 鈴木 一郎

 

お中元のお礼状の例文・文例(一般・個人・自営業)

 

縦書きのお礼状(はがき) レイアウト 見本

 

お中元 お礼状

はがき 縦書き 見本

 

お中元のお礼状の書き方と例文(一般・個人・自営業) 

 

 

 

お礼状の例文・文例ー4

お中元のお礼状(はがき)

拝啓 盛夏の候、皆々様にはお健やかな日々をお過ごしのこと、お喜び申し上げます。
 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 さて、このたびは、まことに結構なお中元の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。いつに変わらぬお心くばり、恐縮に存じます。家族ともども大変喜んでおります。
 暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
 まずは取り急ぎお礼申し上げます。

敬具  

  〇月〇日

 

 

お礼状の例文・文例ー5

お中元のお礼状(はがき)

拝啓 暑さ厳しき折 舟橋様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 おかげさまで私たちはいたって元気に過ごしております。
 さて、このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。子供達も「あまくておいしい桃だね!」と、大喜びしております。
 暑さはこれからが本番です。皆様どうぞご自愛下さい。

敬具

 

 

お礼状の例文・文例ー6

お中元のお礼状(はがき)
『拝啓』などの起首(頭語)を用いない文例

暑中お見舞申し上げます。
 梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。
 さて、このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。いつもながら細やかなお心づかいに恐縮するばかりです。家族ともども大変喜んでおります。
 まだしばらくは厳しい暑さが続きますが皆様どうぞご自愛下さいませ。

お礼まで

石田和春 

「内」は、妻が夫の代筆をした場合に添える文字で、縦書きの場合は夫の名前の左下に小さめに記します。

 

※ 妻が夫の代筆をした場合に記す「内」の縦書きレイアウト 参考ページ
お中元辞退 縦書き レイアウト見本

 

はがきの場合、文面に余裕がなければ手紙の「後付け」にあたる日付や名前は省略します。
(この場合、差出人名は表面に書きます)
参考ページ :はがきの宛名(表)面の書き方/連名/レイアウト・見本

 

お中元のお礼【メール】

 

身内、親戚、親しい友人や知人からのお中元のお礼なら「お中元の品を確かに受け取りました。いつもありがとう」などと、電話やメールだけで済ませることもあります。

 

また、ビジネス関係の人でも特に親しく、日ごろからメールでのやりとりをしている相手などであれば、お中元の品が届いたことを略儀ながらメールですぐに報告してお礼を伝えることもあるでしょう。

 

ここでは、そういった方へのメールでのお中元のお礼の書き方、例文・文例をご紹介しています。

 

メールでのお中元のお礼 例文・文例ー1

 

【親しい友人や親・兄弟・親戚】へのお中元お礼メール

 

件名:本日お中元の品が届きました

 

鈴木隆司 様

 

毎日暑さが厳しい日が続いておりますが、
お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

今朝がた鈴木さんからのお中元の品が届きました。
珍しいフルーツゼリーの詰め合わせに、
家族ともども「とっても美味しい」と、
大変喜んでいます。
本当にありがとうございました。

 

暑さはまだまだ続くようです。
体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

まずは、取り急ぎメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
佐藤雄三
090-1234-5678
E-meil
******************************

 

メールでのお中元のお礼 例文・文例ー2

 

【親しい友人や親・兄弟・親戚】へのお中元お礼メール

 

件名:お中元の品が届きました

 

小澤太郎 様

 

連日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私たちは元気で過ごしております。

 

本日 小澤さんからのお中元の品が届きました。
いつもお心遣い本当にありがとうございます。
「このそうめんとっても美味しいのよね」って、
家族みんなで大変喜んでいます。
明日のお昼はそうめんに決定だそうです。

 

暑さ厳しき折、皆さんご健康で過ごされますように。

 

まずは、取り急ぎメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
佐藤雄三
090-1234-5678
E-meil
******************************

 

メールでのお中元のお礼 例文・文例ー3

 

【ビジネス・仕事関係】へのお中元お礼メール

 

件名:お中元のお品ありがとうございました

 

○○○株式会社 ○○部
田中雄司 様

 

いつもお世話になっております。
○○○○の大嶋です。

 

このたびは、結構なお品をお送りいただき、
誠にありがとうございました。
日ごろ私どもの方こそお世話になっておりますのに、
過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ、
厚くお礼申しあげます。

 

これからも田中様の信頼にお応えできるよう、
誠意をもって取り組んで参ります。
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

暑さ厳しき折、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

 

まずは、略儀ながらメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
株式会社 ○○○○ ○○部
佐藤 雄三(サトウ ユウゾウ)
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
TEL:0000-11-2222
FAX:0000-11-3333
******************************

お中元の「お返し」について

 

「お中元の品を頂いたら、お返しをしなければ失礼?」と悩んだことはありませんか?

 

 

お中元は、本来 お返しを必要としません。

 

 

お中元の品は、一般的に “お世話になった方々へ贈る” ものです。

 

「いつもお世話になり、ありがとうございます」という思いで贈るものですから、贈られた側はとくにお返しの必要はありません。

 

 

しかし、いろんな意味合いで、どうしてもお返しをしたい相手の場合、頂いた品と同等額程度から半額くらいの品を「御中元」として贈るのであれば問題ありません。

 

また、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7〜8日頃)までならば、表書きを「暑中御見舞」、その時期を過ぎたら「残暑御見舞」(8月8日〜23日頃)として贈るのも良いでしょう。

 

この場合、贈る相手が目上の人であれば、「暑中御伺い」「残暑御伺い」としたほうがより良いでしょう。
目上の人に贈る場合には「御見舞」という言葉が失礼にとられる場合もあるからです。

スポンサーリンク