スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスやプライベートで使える4月の時候の挨拶用語と4月の季語。
4月に出す手紙、お礼状、案内状などに使用する季語、季節の挨拶用語。
また、4月の恒例行事、4月の祝祭日、4月の異名などもご紹介しています。

 

4月に出す手紙の時候の挨拶用語と季語

4月の時候の挨拶用語

  • 麗春(れいしゅん)の候
  • 惜春の(せきしゅん)候
  • 春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の候
  • 春嵐(しゅんらん)の候
  • 桜花爛漫(おうからんまん)の候
  • 春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の候
  • 春日華麗の候
  • 春日遅日(しゅんじつちじつ・はるびちじつ)の候
  • 春暖の候
  • 陽春の候
  • 春和の候
  • 桜花の候

 

時候の挨拶用語の「〇〇の候」と同じような使い方で 『〇〇のみぎり』 という言葉を使う場合もありますが、意味は全く同じです。

 

ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。

 

「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。

 

 

また、「候」の読み方ですが、基本的には「こう」と読みます。

 

時候の挨拶用語の「〇〇の候」は「〇〇のそうろう」ではなく「〇〇のこう」と読みます。

 

4月の季語

弥生、春の日、長閑(のどか)、四月馬鹿、初桜、入学、山葵(わさび)、春大根、草餅、桜餅、桃の花、梨の花、林檎の花、山椒の花、柳、桜、花見、花曇、蛤(はまぐり)、浅蜊(あさり)、栄螺(さざえ)、鮑(あわび)、鹿尾菜(ひじき)、海雲(もづく)、チューリップ、ヒヤシンス、シクラメン、スイートピー、フリージア、花祭、若草、春光、青麦、菜の花、大根の花、蝶、春風、天皇誕生日、八十八夜、などなど。

 

季語とは?(季語について)

陰暦4月の異称(異名)
  • 卯月(うづき)
  • 卯花月
  • 花残月
  • 夏初月(なつはづき)

4月の暦と恒例行事

  • エイプリルフール(4月1日)
  • 学校新年度(4月1日)
  • 入学式・始業式(4月上旬)
  • プロ野球開幕(4月上旬)
  • 復活祭・イースター(4月上旬)
  • キリストの復活を記念するキリスト教の祝日

  • 花祭・お釈迦様の誕生日(4月8日)
  • 清明(せいめい・4月5日頃・春分から15日目)
  • このころ、天地がすがすがしく明るい空気に満ちるという

  • 穀雨(こくう・4月20日頃・穀物を育てる雨)
  • みどりの日(4月29日)

4月の祝祭日

  • 昭和の日(4月29日)

    2006年まで「みどりの日」だった

  • 2019年の国民の休日は4月30日と5月2日

    「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」による特例

4月の時候の挨拶用語と季語の参考ページ

スポンサーリンク