スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

法要・法事・法会・法用のお礼状の書き方のポイント

 

  • 法要・法事・法会・法用のお礼状は、最近では印刷するのが一般的です。

    (かつては「薄墨の毛筆」で書いていました。)

  • 親しい人へ自筆で出す場合は、参列へのお礼と、現在の心境や今後への決意などを、オリジナルの文章でまとめます。
  • 法要・法事等のお礼状の場合、お礼状という意味で「、」や「。」の句読点は、付けても付けなくてもどちらでもかまいません。

    また、「行頭揃え」なども、しなくてはならない訳ではありません。

 

句読点を付けない(打たない)理由

一周忌法要のお礼状

 

法要のお礼状(縦書き)

 

はがきの縦書き レイアウト

 

一周忌法要・法事・法会・法用のお礼状

お礼状 例文

拝啓 向暑のみぎりではございますが 皆様にはますますご清祥の事とお喜び申しあげます
さて 先日の亡き夫〇〇の一周忌に際しましては ご多用中のところを遠路お運びいただき 誠にありがとうございました
お陰さまで 法要も滞りなく済ませることができました 亡き夫もさぞ喜んでいることと存じます
この一年 皆様には公私にわたり暖かい励ましをいただき 私たち家族も ようやく前向きに生活を営んでいけるようになりました 心から感謝しております
今後も皆様からご指導をいただきながら 家族が支えあって生きていく所存でございます
本来ならば拝眉の上ご挨拶申し上げるべきではございますがまずは書中をもちましてお礼申しあげます

敬具

  平成〇〇年〇月〇日

 

・一周忌法要のお礼状の書き方と例文の関連ページ

スポンサーリンク