スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

失態のお詫び状、失言のお詫び状、不祥事のお詫び状の書き方と例文・文例

 

お詫びの手紙の書き方と例文・文例、お詫びの手紙の縦書きレイアウト見本をご紹介しています。

失態、失言、不祥事のお詫び状

 

失態のお詫び状の縦書き見本

 

失態のお詫びの手紙

書き方・例文

縦書きレイアウト・見本

 

失態、失言、不祥事のお詫び状

失態のお詫び状の例文・文例

 

失態のお詫びの手紙 例文・文例

先日は、市内○○○店において飲酒酩酊のあげく、同店の器物を破損、店主に殴りかかるなどの暴力行為におよび、罵り雑言をはきちらかしました由、誠に申しわけなく、お詫びの申しあげようもございません。お許しのほど願いあげます。

 酒のうえということと日ごろの甘えが、今回の醜態の原因であり、まことにお恥ずかしきかぎりであります。

 今後は、よりいっそうの自戒につとめ、いやしくも社会人としての常識を疑われるがごとき飲酒、行為は厳に慎み、人間的な修養にも励みますことをお誓いして、お許しを願うのみでございます。

 本来なれば、直接参上いたしお詫びしなければならぬところですが、とうてい気おくれいたし実行に移せそうもありません。かくは、お詫びの書状を差し出す次第でございます。

不一

失態、失言、不祥事のお詫び状の書き方のポイント

  • 自筆で書き、いつ、どのような不祥事をし、自分に非があることを簡潔に記して、同じ過ちを繰り返さない旨を誓ってお詫びする。
  • お詫びの手紙は できるだけ早く出す。
スポンサーリンク