スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

「開店祝い」お祝い状(知人・友人へ)

 

「開店」のお祝い状 縦書き レイアウト見本

知人・友人への開店のお祝い状

はがきの縦書きレイアウト見本

 

開店のお祝い状

 

 

「開店」のお祝い状 例文・文例

(知人・友人への開店のお祝い状)

初夏の快い風が新緑の間を吹いてくる好季節、年来ご計画のお店いよいよ開店の運びとのこと、おめでとうございます。

 時期はよいし、場所はよいし、アイデアはよしとなれば、まさにご繁盛間違いなしです。大兄の大躍進を祈りあげます。

 近々、一同打ちそろってお祝いかたがた参上させていただきます。

 まずはお店のご繁盛を祈って

不一

 

「開業祝い」お祝い状(ビジネス)

 

「開業」のお祝い状 縦書き レイアウト見本

 

手紙・はがき

縦書きレイアウト見本

 

開業のお祝い状(ビジネス)

 

一般的に、開店・開業のお祝いの送り状は品物とは別に送ります。
送り状は、品物よりも先に相手に届くように送り、開店・開業のお祝いを送った旨を伝えると良いでしょう。

 

「開業」のお祝い状 例文・文例

(ビジネス・仕事でのお祝い状)

冠省 このたびは、晴れて「○○公認会計士事務所」を独立開業され、誠におめでとうございます。心からお祝い申しあげます。

 以前に、独立されるお話はうかがっていましたが、これほど早く実現されるとは、お見事というほかありません。宮仕えをしている私にはわからないご苦労もおありになったことだろうと推察し、改めて○○さんへの敬意を実感しています。

 ご開業に際しては、周到な今後のご計画も立てておられる事と存じますが、○○さんならではの聡明さと根性を発揮して、事務所の仕事を順調に軌道に乗せられることを祈っております。

 心ばかりのお祝いの品を別送しました。ご笑納ください。

 折りを見て伺います。お互いに頑張りましょう。

不一

   平成○○年○月○日

加山雄二

開店祝い・開業祝いの関連ページ

開店のお祝い状・開業のお祝い状の書き方のポイント

  • 開店のお祝いとなると、儀礼的な文面とするのが一般的ですが、実際には素直な表現の方が、喜びが相手に伝わる場合が多いようです。
  • 相手が目上の人などの場合は前文から書く必要がありますが、長年の親友、知り合い、知人の場合は、前文を省略し、祝福の言葉から書き出したほうが良いでしょう。
  • 開業・開店のお祝いで特に注意する事は、忌みことば≠避けた文章にすることです。

 

開業・開店の場合の「忌み言葉」とは、
「敗れる」、「失う」、「落ちる」、「閉じる」、「哀れ」、「枯れる」、「さびれる」、「火」、「焼ける」、「燃える」、「倒れる」、「飛ぶ」、「こわれる」、「傾く」、「流れる」、「つぶれる」、「煙」、「赤」、「灰」など。

開店・開業のお祝いの送り状と品物を別々に送る理由

 

開店・開業のお祝いの送り状とお祝いの品を別便にしなければならない理由

 

手紙は『信書』というものに該当し、宅配業者は「信書を扱うことはできない」ため、宅配便に手紙を入れて送ることは郵便法で禁止されています。

 

なので、開店・開業のお祝いの品に、封筒に入れた手紙やハガキなどを添えて宅配便で送ることは違法となります。

 

以上の理由で、開店・開業のお祝いの送り状を品物に添えて一緒に送ることはできません。

 

 

開店・開業のお祝いの品に手紙を同封したい場合

 

自分の親や親しい友人などに贈るお祝いなどで、改まった送り状を省略したいと思うようなケースでは、メッセージ(文章)が2〜3行程度の簡潔な小さめの便箋やメッセージカードであれば、添え状として宅配便に同封することが可能です。

 

それより多くの文字数で書いた手紙(封書)やハガキを送る場合は、品物とは別に普通郵便で送りましょう。

 

宅配便ではなく、追跡サービスや保証のない『定型外郵便』であれば、品物と一緒に手紙を送る(添える)ことは可能です。

スポンサーリンク