このページの先頭へ

オールシーズン使える手紙の結びの言葉(挨拶)

季節を問わない結びの言葉(挨拶)

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

手紙の「結びの言葉・結びの挨拶」の基本

 

このページでご紹介している「オールシーズン使える結びの挨拶」の決まり文句の例文は、手紙の結びの挨拶・結びの言葉の書き方の基本といってもいいでしょう。

 

結びの挨拶(結びの言葉)とは、手紙の主文(本文)が終わった後、改めて終りのご挨拶をすることです。

 

さらに、結語とで「文末」を構成します。

 

主文(本文)の内容や送る相手によって、幾通りかの言葉を使い分け、簡潔に書き添えるのが基本です。

オールシーズン使える手紙の結びの言葉・結びの挨拶・例文・文例

 

普通の結び(ビジネス・プライベート共通)

(結びの言葉は、年賀状とか、暑中見舞い、弔慰状にはつけなくてもよい)

  • まずは右まで。

    まずは要用のみ。
    上の二つは、どんな用件にも共通で使えます。

  • まずはお知らせまで。

    「お知らせ」の部分を手紙の内容に合わせて差し替えれば共通に使えます。
    「お願い」、「お頼み」、「お詫び」、「ご案内」、「お祝い」、「お見舞い」、「お悔やみ」など。

  • 右ご報告申し上げます。

    「ご報告」の部分を手紙の内容に合わせて差し替えれば共通に使えます。
    「ご通知」、「ご連絡」、「ご依頼」、「ご紹介」、「ご照会」など。

  • 右略儀ながら書中をもってお返事申し上げます。

    「お返事」の部分を手紙の内容に合わせて差し替えれば共通に使えます。
    「御礼」、「ご依頼」、「おたずね」など。

  • 取り急ぎ近況お知らせ致します。
  • この段お知らせかたがたお願いまで。
  • 取り急ぎ要用のみ申し述べました。
  • 右お返事まで
  • 略儀ながら書中でごあいさつ申し上げます。
  • 失礼をも省みず書中御詫び仕ります。
  • ご清諾(ごせいだく)賜れば幸甚(こうじん)の至りに存じます。
  • これにて擱筆(かくひつ)いたします。

相手の自愛を祈る結び

  • どうぞお大事に。
  • ご活躍を祈ります。
  • ご多幸を祈ります。
  • 切にご自愛を祈りあげます。
  • 気候不順の折り、ますますご自愛くださいますよう念じあげます。
  • 天候不順のみぎり、どうかお体を大切になさってください。
  • 時節柄、ご健康には一段とご留意のほどを。
  • 時節柄、一層のご自愛をほどをお祈りいたします。
  • 末筆ながら、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申しあげます。
  • 末筆ながら切にご自愛のほど願いあげます。
  • ○○様のご健康をお祈りしつつ、お礼(お知らせ・お願い)申しあげます。

乱筆乱文を詫びる結び

(改まった手紙や目上の人あての謙遜した結びの言葉)

  • 乱筆お許しください。
  • 乱筆乱文ご容赦。
  • 乱筆乱文よろしくご判読願いあげます。
  • 乱筆いくえにもお詫び申し上げます。
  • 事情ご推察のうえ、乱文ご海容ください。
  • 拙筆のうえ急ぎ書きあげましたため、委曲を尽くし得ず、失礼の段ひらにご容赦ください。
  • 心せくままの乱筆、なにとぞお許しの程を。
  • 意中おくみとり願わしう存じます。

迷惑をかけることを詫びる結び

  • まことに身勝手なことのみ申し述べましたこと、なにとぞお許しください。
  • 失礼をもかえりみませず、貴重なお時間を拝借いたしましたこと、心からお詫び申しあげます。
  • いろいろ勝手なお願いばかり申しあげ、ご迷惑をお掛け致しましたこと、心からお詫び申しあげます。
  • 以上、無理を承知の申し状、さぞご迷惑のこととは存じますが、ご寛容ください。
  • せっかくの仰せ越しに添えませず、心苦しく存じますが、どうかお許しください。
  • せっかくのご厚情を無に致し、申し訳ございませんが、事情ご推察くださるよう願いあげます。

返信を求める結び

  • お手数ながらお返事をお願いいたします。
  • ご迷惑とは存じますが、ぜひともお返事を賜りたく願いあげます。
  • 失礼とは存じますが、返信用の封筒を同封いたしおきました故、お返事のほど願いあげます。
  • ご面倒ながら、○日必着にて出欠ご一報ください。
  • お返事お待ち申しあげております。
  • 折り返しお返事のほどをお待ち申しあげております。
  • なにぶんのお返事願いあげます。
  • ご多用のところ誠に恐縮に存じますが、ご回答賜りたく、ひとえに願いあげます。
  • 恐縮ながら折り返しご内意を承りたく、よろしくお願い申しあげます。
  • 当方の都合もあります故、至急ご返信願いあげます。
  • なにぶんのご沙汰をお待ち申しあげております。
  • 貴意を得たく愚札を呈上いたした次第でございます。
  • お返事を賜らば幸いに存じます。

返信にかえて後日の約束をする結び

  • まことに勝手ではございますが、近日中にお邪魔致しご内意を伺いたく存じますので、その節にはよろしくお願い申しあげます。
  • なお、お返事につきましては、両三日のうちにお電話差しあげたく存じますので、なにぶんのご配慮をお願い申しあげます。
  • ご多忙の中、ご迷惑とは存じますが、ぜひ一度拙宅までお立ち寄りいただければと存じます。

次の音信、面会を期す結び

  • なお、詳細は改めてご連絡申しあげます。
  • 詳細は次便に譲らせて頂きます。
  • 詳細は後便にて申しあげます。
  • なお、詳細につきましては、近日中に次便をもって重ねて申しあげます。

伝言を頼む結び

  • どうぞご主人様へよろしく願いあげます。
  • 末筆で恐れ入りますが、皆様によろしくご披露の程願いあげます。
  • この趣、皆様にご伝言ください。
  • はばかりながら皆々様にもよろしくご伝声のほどを願いあげます。

 

伝言を取り継ぐ結び

  • 父からもよろしく申しあげますよう、もうしつかりました。
  • 父からもくれぐれもよろしくとのことばでございます。
  • 姉からもよろしくとの伝言でございます。

 

今後の事を頼む結び

  • なにぶん今後ともよろしくご教導賜りたく存じます。
  • 今後ともご高配を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。
  • 引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申しあげます。
  • 今後とも倍旧のご愛顧のほど、ひとえにお願い申しあげます。
  • なにとぞ、末長くご支援のほどを願いあげます。
  • なお、今後ともよろしくご指導のほど願いあげます。

 

結語(留め書き)

結語は「留め書き」とも呼ばれ、手紙文の末尾に添える慣用語の事です。
ただし、年賀状や暑中見舞い、死亡通知などにはつけない。

 

【結語(留め書き)の使い方】
起首(頭語)と対応して用いるようになっています。
 (起首(頭語) ⇒ 起首に対応した結語)

  • 「拝啓」 ⇒ 「敬具」、「敬白」(一般的な手紙)
  • 「前略」 ⇒ 「草々」(前文省略の場合)
  • 「謹啓」 ⇒ 「謹言」、「謹白」、「謹上頓首」(丁寧な手紙)
  • 「粛啓」 ⇒ 「頓首」、「再拝」、「頓首再拝」、「九拝」(敬意を表す手紙)
  • 「恭啓」 ⇒ 「頓首」、「再拝」、「頓首再拝」、「九拝」(敬意を表す手紙)
  • 「急啓」 ⇒ 「草々」(急用の場合)
  • 「拝復」 ⇒ 「草々」、「敬具」(返事の場合)
  • 「再啓」 ⇒ 「草々」、「敬具」(再信の場合)
  • 「冠省」 ⇒ 「不一」、「不尽」、「不乙」、「不悉」、「不備」(十分に意を尽くせなかった場合、言葉づかいの足りなさを詫びる場合)

※ ただし、上記組み合わせ以外の使用例もあります。
例えば、「急啓」⇒「不尽」や、起首(頭語)を書かずに結語のみ使用する場合などがあります

 

女性用の結語

起首(頭語) ⇒ 結語

  • 「拝啓」 「謹啓」 ⇒ 「かしこ」
  • 「謹んで申しあげます」 「前文失礼いたします」 ⇒ 「かしこ」 「あらあらかしこ」

 

女性が書く丁寧な手紙に用いられる「かしこ」は、起首(頭語)を書かない場合でも使われています。

 

また、「かしこ」は相手への敬意を表す言葉ということもあり、一般的に女性が目上の方に対して使われることが多いようです。

 

お祝い事には、「めでたくかしこ」が用いられる事があります。

 

返信用の結語

  • 「拝答」、「啓答」

うやまってお答えするという意味で、より丁寧な場合は、「貴酬」、「謹酬」を用いる事があります。

 

また、返信する手紙の結語の「拝答」、「啓答」や「貴酬」、「謹酬」などに対応した起首(頭語)は、「拝復(はいふく)」や「復啓(ふくけい)」、「謹復(きんぷく)」などを用います。

  • 「拝復(はいふく)」、「復啓(ふくけい)」 ⇒ 「敬具」、「拝答」、「啓答」
  • 「謹復(きんぷく)」 ⇒ 「敬具」、「貴酬」、「謹酬」

 

 

オールシーズン使える手紙の結びの言葉の参考ページ
季節を問わない手紙の書き出し

スポンサーリンク



関連ページ

1月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 1月、手紙の結びの挨拶 1月、1月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
2月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 2月、手紙の結びの挨拶 2月、2月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
3月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 3月、手紙の結びの挨拶 3月、3月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
4月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 4月、手紙の結びの挨拶 4月、4月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
5月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 5月、手紙の結びの挨拶 5月、5月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
6月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 6月、手紙の結びの挨拶 6月、6月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
7月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 7月、手紙の結びの挨拶 7月、7月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
8月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 8月、手紙の結びの挨拶 8月、8月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
9月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 9月、手紙の結びの挨拶 9月、9月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
10月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 10月、手紙の結びの挨拶 10月、10月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
11月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 11月、手紙の結びの挨拶 11月、11月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。
12月の結びの言葉(挨拶)
手紙の結びの言葉 12月、手紙の結びの挨拶 12月、12月の手紙、お礼状、案内状等の結びの言葉、結びの挨拶、結び文句の書き方と例文、文例をご紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ