スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

本来は、お歳暮の品が送られて来たら、お歳暮のお礼状(お礼の手紙)を出すのが正式なマナーです。

 

しかし、身内、親戚、親しい友人や知人からのお歳暮のお礼なら「お歳暮の品を確かに受け取りました。いつもありがとう」などと、電話やメールだけで済ませることもあります。

 

また、ビジネス関係の人でも特に親しく、日ごろからメールでのやりとりをしている相手などであれば、お歳暮の品が届いたことを略儀ながらメールですぐに報告してお礼を伝えることもあるでしょう。

 

ここでは、そういった方へのメールでのお歳暮のお礼の書き方、例文・文例をご紹介しています。

お歳暮のお礼のメール【親しい友人や親・兄弟・親戚へ】|例文・文例−1

 

件名:本日お歳暮の品が届きました

 

鈴木隆司 様

 

寒気のきびしい日が続いていますが、〇〇地方ではいかがでしょうか。

 

今朝がた鈴木さんからのお歳暮の品が届きました。
ここの辛子明太子は大好物でして、
家族ともども「とっても美味しい」と、
大変喜んでいます。
本当にありがとうございました。

 

鈴木さんにとって来年も素晴らしい年になりますよう願っております。

 

まずは、取り急ぎメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
佐藤雄三
090-1234-5678
E-meil
******************************

お歳暮のお礼のメール【親しい友人や親・兄弟・親戚へ】|例文・文例−2

 

件名:お歳暮の品が届きました

 

小澤太郎 様

 

早いもので、もう師走、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
おかげさまで私たちは元気で過ごしております。

 

本日 小澤さんからのお歳暮の品が届きました。
「このハムとっても美味しいのよね」って、
家族みんなで大変喜んでいます。
いつもお心遣い本当にありがとうございます。

 

年末ご多忙の折、風邪など引かず元気に年末を乗り切りましょう。

 

まずは、取り急ぎメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
佐藤雄三
090-1234-5678
E-meil
******************************

お歳暮のお礼のメール【ビジネス・仕事関係先へ】|例文・文例−3

 

件名:お歳暮のお品ありがとうございました

 

○○○株式会社 ○○部
田中雄司 様

 

いつもお世話になっております。
○○○○の大嶋です。

 

このたびは、結構なお品をお送りいただき、
誠にありがとうございました。
日ごろ私どもの方こそお世話になっておりますのに、
過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ、
厚くお礼申しあげます。

 

これからも田中様の信頼にお応えできるよう、
誠意をもって取り組んで参ります。
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

寒さはこれからが本番でございます。
皆様どうぞご自愛くださいませ。

 

まずは、略儀ながらメールにて
お礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

******************************
株式会社 ○○○○ ○○部
佐藤 雄三(サトウ ユウゾウ)
〒000-1234
○○県○○市○○○○1−234
TEL:0000-11-2222
FAX:0000-11-3333
******************************

「お歳暮のお礼をメールで送る|書き方と例文・文例」の参考ページ

お歳暮の「お返し」について

 

「お歳暮の品を頂いたら、お返しをしなければ失礼?」と悩んだことはありませんか?

 

 

お歳暮は、本来 お返しを必要としません。

 

 

お歳暮の品は、一般的に“お世話になった方々へ贈る”ものです。

 

「いつもお世話になり、ありがとうございます」という思いで贈るものですので、贈られた側はとくにお返しの必要はありません。

 

 

しかし、いろんな意味合いで、どうしてもお返しをしたい相手の場合、頂いた品と同等額程度から半額くらいの品を「御歳暮」として贈るのは問題はありません。

 

 

年が明けてから贈る場合には、「寒中見舞い」として贈るのも良いでしょう。

 

「寒中見舞い」は、松の内を過ぎてから節分 (立春の前日)までに送ります。
一般的に、1月16日から2月3日までに届けます。

 

※ 松の内は地域によって違います。
松の内の参考ページ ⇒ 寒中見舞い・余寒見舞いの書き方と例文

 

 

また、松の内の期間内に年始の挨拶として直接持参する場合なら、表書きを「お年賀」としても良いでしょう。
ただし、「お年賀」は宅配便などで送ることはタブーとされています。

スポンサーリンク