スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスやプライベートで使える3月の手紙の書き出し文、3月の手紙の前文(書き出し文句)の書き方と例文、文例集です。

 

 

 

手紙の書き出し文は、下画像の「前文」の部分です。

 

手紙の書き出し 画像

 

この「前文」に続けて、日ごろのお礼文などを添えたりする場合もあります。
(下記 「3月の手紙の書き出し例文」 参照)

 

また、はがきの場合、文面に余裕がなければ「後付け」にあたる日付や名前は省略します。

 

参考ページ:手紙の書き方の流れと例文

手紙の書き出し例文・文例 3月

例文・文例ー1(ビジネス)

拝啓 早春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
 平素は格段のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
 さて、・・・・・。(主文・本文・用件)
 つきましては、・・・・・。(主文・本文・用件)
 取り急ぎ要用のみ申し述べました。

敬具 

 

 

例文・文例ー2

拝啓 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、いかがお過ごしでしょうか。
 (日ごろのお礼など)・・・・・。
 私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
 (主文・本文・用件)・・・・・。
 寒暖定まらぬ時期ですので、ご自愛くださいますよう念じあげます。

敬具 

 

 

※ 段落ごとに一文字下げる書き方をする場合でも、頭語(拝啓など)は行頭から書きます。

 

参考ページ : 手紙の起首(頭語)と結語のルール

 

3月の手紙の書き出し(時候の挨拶用語)

  • 枯れ草の間に緑も鮮やかに萌え出る候
  • 春光天地に満ちわたる候
  • 春寒ようやくゆるむ候
  • 春暖快適の好季節
  • 春寒の季節
  • 浅暖(せんだん)の候
  • 軽暖の候
  • 迎梅の候
  • 萌芽(ほうが)の候
  • 早春の候
  • 春暖の候
  • 春分の候
  • 浅春の候

 

手紙の書き出しで使われる時候の挨拶用語の「候」と同じような使い方で 『みぎり』 という言葉を使う場合もありますが、「早春の候」と「早春のみぎり」は全く同じ意味です。

 

ただ、『みぎり』は女性がよく用いてきた言葉という違いだけです。

 

「候」と『みぎり』のどちらを使ってもほとんど問題にはなりませんが、ビジネス文書の場合は『みぎり』は女性言葉であるということを覚えておくといいと思います。

 

また、「候」の読み方ですが、基本的には「こう」と読みます。
早春の候は「そうしゅんのこう」と読みます。
時候の挨拶の「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。

「ビジネス」3月の手紙の書き出し

  • 春まだ浅い今日このごろでございますが、(貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます)。
  • 桃の節句も過ぎ、ようやく春らしくなってきましたが、(貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます)。
  • ようやく春めいてきて、木々の芽もふくらみ始めましたが、(皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます)。
  • 花の便りが北上する季節になりました。(皆様お変わりなくお過ごしでしょうか)。
  • 春光うららかな季節となりました。(〇〇地方ではいかがでしょうか)。

「プライベート」3月の手紙の書き出し

  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、(お変わりなくお過ごしでしょうか)。
  • 寒さもやっと少しはゆるんできたようで、(いかがお過ごしでしょうか)。
  • 春まだ浅い今日このごろでございますが、(お元気でお過ごしのことと存じます)。
  • 春というのに寒い毎日がつづきます。(お元気でお過ごしでしょうか)。
  • 気まぐれな天気がつづきますが、(貴地方ではいかがでしょうか)。
  • このところ急に春めいてまいりましたが、(○○地方ではいかがでしょうか)。
  • 春なお浅く、朝夕の冷え込みもまだきびしい昨今ですが、(お元気でいらっしゃいますか)。
  • 桃の節句も過ぎ、ようやく春らしくなってきましたが、(お元気でしょうか)。
  • 花の便りが北上する季節になりましたね。(お健やかにお過ごしのことと存じます)。
  • 草餅の味覚を楽しめる季節を迎え、(ますますお健やかにお過ごしのことと存じます)。
  • 虫たちが土の中からはい出る啓蟄の季節になりましたが、…。
  • 木々が芽吹き始め、春がすみの日が多くなってきましたが、…。
  • ようやく春めいてきて、木々の芽もふくらみ始めましたが、…。
  • うららかな春の日ざしに、揚げひばりの声も聞かれるころとなりましたが、…。
  • 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、…。
  • 暑さ寒さも彼岸までのことばどうり、春の訪れを実感するようになりましたが、…。
  • ひと雨ごとにあたたかくなり、春の訪れを感じる今日この頃ですが、…。
  • 春霞のただよう季節となりましたが、…。
  • 南のほうからは花の便りも聞かれるようになり…。
  • 春光うららかな季節となりました。…。
  • 窓から見える山の雪も消え始め、春の訪れを…。
  • 頑固な根雪もやっとゆるんできました。…。
  • やわらかな春の日差しがうれしい季節になりましたが、…
  • やわらかな日ざしが心地よく感じられる季節になりましたが、…。
  • 春眠あかつきを覚えずの季節になりましたが、…。
  • 春風にのってほのかな花の香りが漂うころとなりましたが、…。
  • 寒暖定まらぬ日々ですが、…。
スポンサーリンク