スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

和封筒の書き方、宛名書き、表書き、裏書き

 

和封筒の宛名の書き方例(見本)。
和封筒の「表書き(宛名書き)」や「裏書き」で、縦書きする場合の書き方とレイアウト例、サンプルをご紹介しています。

和封筒の宛名書き 見本

 

和封筒の表書き(縦書き)

書き方例・レイアウト・見本

 

和封筒・縦書きの表書き 

和封筒の宛名書き(表書き)の書き方のポイント

  • 宛先(住所)は、郵便番号枠から10ミリほど下で、右ふちから1〜1.5字分あけて書き始める。
  • 宛名(氏名)は、左右の真ん中あたりで、住所より大きめの文字で各字間を1字分ほどあけ、住所の2〜3字目位の高さから書き始める。
  • 郵便番号を正確に記入すれば「市区町村名」まで省略しても届きますが、格調を重んじる手紙では省略しない方がよい。
  • 切手は、まっすぐに貼る。

和封筒の裏書き 見本

 

和封筒の裏書き(縦書き)

書き方例・レイアウト・見本

 

和封筒・縦書きの裏書き

和封筒の裏書きの書き方のポイント

和封筒の裏書きは、中央線の右側に住所、左側に氏名を書くのが正式なスタイルとされていますが、郵便番号枠が印刷されている場合は、その上部にバランスよく書く方法が一般化しています。

  • 封は「のりづけ」にする。(セロテープやホチキスで止めない)
  • 封じ目に「〆(×ではない)・緘・封・寿(慶事の場合)」などの封じ文字を書く。
  • 日付は、左上に小さく書く。
  • 住所と氏名の下端をそろえるとバランスよく見えます。
  • 郵便番号枠が印刷されていない場合は、住所の上に書く。

 

「和封筒の書き方」の関連ページ

きれいに封筒に名前・住所を書く方法【動画】

 

【簡単!】きれいに封筒に名前・住所を書く方法

(YouTube動画)

 

 

【筆ペン】封筒の宛名の書き方

(YouTube動画)

無料”で
「封筒(封書)」「のし袋・のし紙」「はがき・往復はがき」の宛名印刷ができる!
フリーソフトの紹介ページ。
↓↓
封筒(封書)宛名印刷フリーソフト『Aprint(エープリント)』

スポンサーリンク