このページの先頭へ

忌みことば

忌みことば


スポンサードリンク



忌みことば(いみことば)

 

 

「お祝い」・「災害見舞い」・「お悔やみ」などで使うのを避ける言葉、使ってはならない言葉、“不吉な事を連想させることば”「忌み言葉(いみことば)」をご紹介しています。

状況別の忌みことば

【このページの内容】

  • 忌みことば(いみことば・忌み言葉)とは
  • 状況別 忌みことば
  • その他不吉な事を連想させる言葉

忌みことば(いみことば・忌み言葉)とは

 

忌みことばとは、「お祝い」・「災害見舞い」・「お悔やみ」などで、“不吉なことを連想させることば”、俗に言う“縁起でもない”ことばのことをいいます。

 

各手紙や電報には、それぞれの性質によって、使ってはならない、書かないほうがよい(タブー)とされる『忌みことば』というものがあります。
最近、メールなどでは『忌みことば』を、あまり気にせずに使う人もいますが、年配の人には、まだまだ根強く残っています。
なのでやはり、こうした『忌みことば』は、知っておいた方が良いでしょう。

状況別 忌みことば

状況別の忌み言葉(例)

結婚祝い

去る 帰る 別れる 破れる 出る 戻る 返す 切れる 離れる 嫌う あきる 冷える さめる うすい うとんずる あせる 浅い 退く 死ぬ 病む うれえる 苦しむ 悩む 亡ぶ(滅ぶ) ふたたび 重ねる こわれる 痛ましい 涙 逝く 流れる 倒れる 落ちる 傷つく 終わる 重ね重ね またまた かつまた なおまた たびたび かえすがえす 二度 再度 

妊娠・出産祝い

流れる 落ちる 詰まる 滅びる 死ぬ 病む 逝く 敗れる 弱い しなびる 短い 折れる 

新築祝い

火 煙り 炎 燃える 焼ける 飛ぶ 壊れる 倒れる 傾く 流れる つぶれる 朽ちる 崩れる 赤 緋 

開店・開業祝い

閉じる 敗れる 失う つまづく 負ける ちる 枯れる さびれる しまう 衰える たれる 倒れる 

災害見舞い

また 再び 重ねる 追って なお かえすがえす またまた 浮かばれない 迷う 

お悔やみ

また 再び 重ねる 追って なお かえすがえす またまた 浮かばれない 迷う 

その他不吉な事を連想させることば(例)


四は“死”に通じるので「よ」と読む


九は“苦”に通じるので「ここのつ」と読む


梨は“無し”に通じるので「ありの実」という


猿は“去る”に通じるので「えて」とする

すり鉢
すり鉢は“する”に通じるので「あたり鉢」という

すり箱
すり箱は“する”に通じるので「あたり箱」という

スルメ
スルメは“する”に通じるので「あたりめ」という


塩は“死”に通じるところから「波の花・浪の花」という

スポンサードリンク



関連ページ

手紙の定型と基本
個人的な手紙の書き方や、ビジネス用で公的な手紙の書き方の基本。
また、手紙の書き方の定型文、定型書式と例文・文例。
頭語と結語のルール
手紙の前文の冒頭にいれる『頭語』、それに対し手紙の文末の末尾にいれる『結語』のルールと決まり文句。
ご案内状、お礼状、ご挨拶文、手紙の頭語と結語の書き方、例文、文例。
お礼状のマナー&ルール
お礼状の書き方のマナー、お礼状の書き方のルール、プライベートやビジネス・仕事でのお礼状・お礼の手紙を書く時、送る時のマナーとルール。
また、お礼状を送るのにふさわしくない場合についても解説しています。
弔辞・仏事の通信文のマナー
弔事・仏事の手紙のマナー、注意点。
喪中、忌中に出す手紙のマナーと注意点。
死亡通知、会葬礼状、七七日忌(四十九日)法要・法事、香典返しに添えるお礼状、お悔やみ状・忌慰状のマナーと注意点を解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ