本文へスキップ

お礼状の書き方と例文集・文例集、案内状の書き方と例文集・文例集、手紙の書き方と例文集・文例集・レイアウト・サンプル集。

一周忌(三回忌)法要・法事の案内状

一周忌(三回忌)法要・法事・法会・法用の案内状、はがき、カード、手紙の書き方と例文・文例、意味。法要を催す施主から親戚、故人の友人、関係者に宛てた、はがき(カード)での案内状のレイアウトサンプルです。





一周忌(三回忌)法要・法事の案内状の書き方と例文・文例、見本

【このページの内容】
  • 一周忌(三回忌)法要・法事・法会・法用の案内状
    カード・はがきの書き方・例文・文例・レイアウトサンプル
  • 法要・法事・法会・法用のご案内 例文・文例 1〜3
  • 法要(ほうよう)・法事(ほうじ)・法会(ほうえ)・法用の意味と法要の名称一覧表


一周忌(三回忌)法要・法事・法会・法用の案内状

(カード・はがきの書き方・例文・文例・レイアウトサンプル)

一周忌法要の案内状の見本

※ 印刷を頼んだ場合、封筒に入れるカードが使われますが、普通の白いはがきや往復はがきでもかまいません。

※ 行頭を揃え、句読点を使わない理由:弔辞・仏事の通信文(手紙・弔慰状・弔電)のマナー

仕切り線

法要・法事・法会・法用の例文・文例 1

拝啓 春暖の候 皆様にはご健勝にてお過ごしのこととお喜び申しあげます。
さて 来る○月○日は亡き妻
  ○○院○○神女 
の一周忌にあたりますので 生前にご親交を賜りました方々にお集まりいただき 心ばかりの法要を営みたく存じます
当日は 午前十時より○○院(○○市○○町○ー○)にて法要を営み 正午より近くの「○○」にて粗餐を差し上げたく存じますのでご多用中恐縮ではございますがご臨席くださいますようお願い申しあげます

敬 具  

 平成○○年○月○日

伊 藤 明  


仕切り線

法要・法事・法会・法用の例文・文例 2

拝啓 余寒なおきびしきおりから 皆様にはお障りもなくお過ごしの趣 お喜び申しあげます
さて 来る○月○日は亡き母
  ○○院○○大姉(俗名綾子)
の一周忌にあたりますので 同日午前十一時より○○院(○○市○○町○ー○)にて心ばかりの法要を営みたく存じます
つきましては お寒い中を誠に恐縮に存じますが ご光来のうえご焼香いただけますれば 故人も泉下にて喜ぶことと存じます
まずはご案内まで申しあげます

敬具  

 平成○○年○月○日

なお 法要のあと粗餐差しあげたく存じますので ご出席の有無ご一報いただけますれば幸いです


仕切り線

法要・法事・法会・法用の例文・文例 3

拝啓 残寒の候 ますますご清栄のことと存じます
母が亡くなりましてから 早一年が過ぎようといたしております
ようやく家族一同も立ち直ってきたような今日この頃です
つきましては 亡き母の一周忌法要を○月○日正午より自宅にて行いたく存じますので ご出席を賜りたくお願い申しあげます
まずはご案内まで申しあげます

敬具  


・関連ページ:手紙の書き出し 月別の書き方と例文・文例・サンプルページ 一覧

・関連ページ:往復はがきの書き方見本・返信用はがきの書き方と返信のマナー

仕切り線

法要(ほうよう)・法事(ほうじ)・法会(ほうえ)・法用の意味

法要とは
故人の冥福を祈り、霊を慰めるために忌日(きにち)や命日におこなう行事。
死者の追善などのために行う仏教の儀式。
法要の事を法事(ほうじ)・法会(ほうえ)・法用ともいう。


法要の名称一覧表

主な法要
初七日 7日目
三十五日(五七日) 35日目
四十九日(七七日) 49日目忌明け
百ヶ日 100日目
月命日 毎月、故人となった同日
一周忌 満1年目
三回忌 満2年目
七回忌 満6年目
十三回忌 満12年目
十七回忌 満16年目
二十三回忌 満22年目
二十七回忌 満26年目
三十三回忌 満32年目
五十回忌 満49年目



贈り物市場



information

お礼状、案内状、手紙の書き方と例文